BLOG

浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ。残念だけどSNS運用は鹿島の圧勝

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?

先日こんなニュースを見かけました。

<参考記事>
データが支えるチームの伝統ー鹿島アントラーズのマーケティング力 

記事の内容を超ザックリ要約すると、こんな感じ。

忌々しいチャンピオンシップでの敗戦 ( いや実質は2-2の引き分けなんだけどね……悔しぃ〜! ) で、年間勝ち点で15も離した相手に優勝をかっさらわれた我らがレッズ。

そんな傷も癒えぬこの時期にこのニュース。おいおいSNSでも負けてるのかよ!と、かなりの抵抗を感じながらも鹿島のフェイスブックを覗いてみると……

皆さん、こんばんは!

今日はチームミーティング後、午前10時より練習を再開しました。土曜日の天皇杯準々決勝ではベンチ外だった柴崎選手らも全体練習に復帰し、選手たちはゲーム形式の練習やシュートトレーニングに汗を流しました。

さて2枚目の写…

鹿島アントラーズさんの投稿 2016年12月26日

皆さん、こんばんは!
今日はチームミーティング後、午前10時より練習を再開しました。土曜日の天皇杯準々決勝ではベンチ外だった柴崎選手らも全体練習に復帰し、選手たちはゲーム形式の練習やシュートトレーニングに汗を流しました。

さて2枚目の写真は、準々決勝で勝利の立役者となった2人のもの。値千金の決勝ゴールを決めた赤崎選手も今の曽ケ端選手には…といったところです。
その赤崎選手の話は、アントラーズモバイルの「スタッフダイアリー」に掲載しておりますので、そちらもぜひお読みください!

 

皆さん、おはようございます!

昨日は120分間、ともに戦ってくださって本当にありがとうございました。試合直後にも投稿しましたが、結果は本当に悔しいもの。しかし、キャプテンの小笠原選手が「ACLを勝ち抜いてまたここに戻って、チャンピオンにな…

鹿島アントラーズ

さんの投稿

2016年12月18日

皆さん、おはようございます!

昨日は120分間、ともに戦ってくださって本当にありがとうございました。試合直後にも投稿しましたが、結果は本当に悔しいもの。しかし、キャプテンの小笠原選手が「ACLを勝ち抜いてまたここに戻って、チャンピオンになりたい」と声を振り絞るようにいったように、ここからまた挑戦します。

そして5日後には天皇杯準々決勝がホームのカシマで開催されます。対戦相手は、サンフレッチェ広島。森崎浩司選手の現役引退、そして佐藤寿人選手の名古屋移籍など優勝を目指し、彼らにも先に進まなければいけない理由はたくさんあります。

しかし、この試合は2016シーズン、カシマでのラストゲーム。勝利あるのみです。そしてその先の19冠目となる天皇杯をこの手にするため、選手たちは再びカシマのピッチに立ちます。

今年のクリスマスイブは、カシマで。皆さん、土曜日もともに戦いましょう!

それでは今日も良い1日をお過ごしください!

なるほど、なるほど。そんな感じね。

一方で我が レッズの投稿ね。

 

[「ポラスプレゼンツ 浦和レッズトークショー」に遠藤、梅崎、岩舘が参加] 23日、浦和レッズトップパートナーのポラス株式会社による『ポラスプレゼンツ 浦和レッズトークショー』が、ポラスグループのイタリア料理レストラン『リストランテ・ステッラ…

浦和レッドダイヤモンズ

さんの投稿

2016年12月23日

[「ポラスプレゼンツ 浦和レッズトークショー」に遠藤、梅崎、岩舘が参加]

23日、浦和レッズトップパートナーのポラス株式会社による『ポラスプレゼンツ 浦和レッズトークショー』が、ポラスグループのイタリア料理レストラン『リストランテ・ステッラポラーレ』で行われ、遠藤 航、梅崎 司、岩舘 直の3選手が参加。

ポラスグループ内から参加したおよそ70名の方々が3選手のトークを楽しんだ。【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

 

12/18(日)、レッズランドによる『アグリフィールド2016』が閉幕しました。5月に開幕し、サツマイモ、お米、サトイモ、大根の栽培を行ってきた「アグリフィールド2016」。8回目(最終回)となるこの日は、9月に種まきを行った大根の収穫と焼…

浦和レッドダイヤモンズ

さんの投稿

2016年12月21日

12/18(日)、レッズランドによる『アグリフィールド2016』が閉幕しました。5月に開幕し、サツマイモ、お米、サトイモ、大根の栽培を行ってきた「アグリフィールド2016」。8回目(最終回)となるこの日は、9月に種まきを行った大根の収穫と焼き芋を行いました。

大根の収穫では、収穫した大根を笑顔で高々と掲げるお子さんや、小さい身体で大事そうに大根を抱えているお子さん姿が印象的でした。

大根の収穫の他にも、堆肥用の落ち葉集めでは制限時間内に誰が1番多くの落ち葉を集められるかを競う「落ち葉集め選手権」や10月に収穫したお米のもみ殻を使った「もみ殻重量当てクイズ」を行い、最後は焼き芋と大根の入った味噌汁で体を温め、『アグリフィールド2016』の全プログラムが終了しました。

来年のアグリフィールドはまた春に開幕予定です。
みなさんのご参加お待ちしています。

 

距離感の違い、熱量の違いは一目瞭然

この2つの投稿を比べただけでも一目瞭然でした。鹿島の方は挨拶があることで、誰かが書いてるような人を感じる。そして投稿の内容がチームの中の人の目線で書かれています。ここが重要。

一方我がレッズは……どこぞのニュースキャスターが書いてるんだっていうような第三者的な覚めた口調で熱量がまったく感じない。どこよりも熱いサポーターへ向けて発信しているのに、肝心なチームからの投稿の熱量がゼロ。

鹿島のフェイスブックページへのいいね数は45,000弱。一方レッズは63,000くらい ( 2016年のクリスマス時点 )。その差は1.4倍くらいある。それなのにレッズはいいね数が1000を超えるものがあまりなく、鹿島の投稿はほぼ2000を超える。1万超えも見受けられます。

もうね年間勝ち点15以上、尻尾すら捕まえられないくらい大きく大きく引き離されてしまっています。それが今の現実。

 

告知や報告ばかりだからダメ!

改善点は「告知や報告を情報に変える」以上!

フェイスブックは宣伝っぽい投稿は表示しません。そして告知や報告は他でも見れるんだから、もっと内側の話を見たいわけですよ、サポーターは。

12月3日の明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦を埼玉スタジアムにて観戦した浦和レッズOBのロブソン・ポンテ氏。 【ロブソン・ポンテ氏からメッセージ】 「決勝は、チャンピオンになるためにみんな一生懸命ハードワークして…

浦和レッドダイヤモンズ

さんの投稿

2016年12月4日

 2月3日の明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦を埼玉スタジアムにて観戦した浦和レッズOBのロブソン・ポンテ氏。

【ロブソン・ポンテ氏からメッセージ】

「決勝は、チャンピオンになるためにみんな一生懸命ハードワークして、ひとつになって戦ったと思います。来年は浦和レッズが優勝すると思っています。僕個人として、埼玉スタジアムに来れてよかったです。日本に来る度に、浦和のみなさんが親切にしてくれることを感謝しています」

 

これはレジェンドであるポンテにまつわる投稿だから、というのもあるけど、こういう中の人しか知らない「情報」をボクらは知りたい。

あとはもっと距離感を近くしてほしい。ボクも昔はブログやSNSで自分のことを「私」って書いてました。普段は絶対「私」って自分のこと呼ばないのにね。その時点で構えてるし、読んでくれる方に壁を作ってしまっている。それを「ボク」に変えただけで全然伝わる力が変わった。

サポーターは外部じゃなくて内部の人でしょ?フェイスブックページの投稿なんて、サポーターに向けて発信しているんだから、もっと距離感近くしてくれないと。

悔しいけど、戦績以上に圧倒的差を感じさせられてしまったコミニケーション能力。

CSで負けてタイトルを逃す。「これが浦和」であるならば、時代に合わせたツールを使って日本一熱いサポーターとうまくコミニケーションできていない。「これも浦和」。

ポテンシャルはあるのに、それを100%発揮できないのは、まさに浦和の真骨頂ともいうべきところなのかもしれません。ま、完璧じゃ近寄りがたいのと一緒で、そういう世話のやけるところが魅力なんですけどね。

来年こそ!来年こそ!シャーレ掲げましょう!アジア獲りましょう!

We Are Reds!

あ、ディフェンスの補強は、ヨロシクお願いします。

それとこれ、レッズだけじゃなく個人にも当てはまることだと思ってます。